FC2ブログ

椎葉村里人倶楽部 オープンして、5か月が経ちました!

椎葉の心得
03 /12 2018
椎葉村アンテナショップ「椎葉村里人倶楽部」がオープンして5か月が経ちました。
5か月の活動報告をさせていただきます。

「椎葉のおもてなし」を感じてください!!

コラージュ1
椎葉村の物産をたくさんの方々に買っていただきました!

おもてなし
ご来店されるお客様に、椎葉の味を知ってもらいたく、椎葉さんのお茶をお出ししています。
メニュー表を作成し、お客様に選んでいただいております♪

椎葉村にお嫁にこないか~
お見合いの企画を実現していきます!
椎葉哉子の公約です!!

また、「いわな釣り」など、お子様も楽しんでいただける、夏のツアーを企画しています。

そして、この6月!
椎葉村を舞台にした映画「しゃぼん玉」が枚方市内で上映されることが決定いたしました。
1_20180128134316d69.jpg

椎葉村の皆さん、私たちの活動を見ていただいておりますでしょうか?
本業を忘れ、椎葉村の幸せの為にただひたすら頑張っております!

枚方市民のみなさまに見守られながら、
小さな村、日本三大秘境の椎葉村のアンテナショップ 「椎葉村里人倶楽部」に
一人でも多くの方々とふれあい、椎葉村をPRしたいと思っております。

椎葉村里人倶楽部の詳細はこちら↓↓↓をご覧ください。
http://www.shiibarijinclub.jp/

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

スポンサーサイト

椎葉村知恵泉は私の教科書

椎葉の心得
04 /12 2016

「椎葉さんは自分の故郷でもないのに、どうして椎葉村が好きなのですか?」
と入社したてのスタッフに質問されました。

img06.png

「椎葉さんはご主人の故郷をまるで自分の故郷のように語るから会社が大きくなったのね。」と言われたものですが、いきなりこのような事を聞かれるとは・・・そこには自らの恥ずかしい経験と山あいで暮らす椎葉村の人々の知恵を教訓としてきたものがあるのです。

img01_20170711112834d46.png img02_20170711112836892.png


子供の頃から早いほうが良いと教えられ、‘何をぐずぐずしているんや。早うごはん食べ’と言われ、勉強も運動も‘つまり相手に勝つこと!!’が好きになりました。
人より一歩でも先に出ようとする習慣が身についてしまったのです。そして努力をすれば何でも手に入ると思い込んでしまいました。
そんな足の速い私が選んだ相手は、椎葉村出身ののんきな性格の人でした。
旦那様は人が育つまでじっと我慢して待ってる人でした。

そして生まれ育った串本町は本州最南端のいつも照りつける夏の太陽をあびて私は何をするのも「情熱」がありました。一方旦那様の椎葉村には冬の柔らかい陽射しがありました。徐々に少しずつ人の心の中に入っていって知らず知らずのうちに暖めていく。
閉ざされた心がいつの間にか「解凍」されて「ぬくもり」になっていく・・・。
山あいで暮らす人々は物静かでいつの間にか「ほだされてしまう」のです。
私達夫婦は、北風と太陽のような正反対な性格を持ち合わせながら、私はいつの間にか力強い太陽の陽射しではなく、辛抱強く時間をかけて静かに「説得」にも似た冬の陽射しに魅了されるようになりました。


img04.png



椎葉村の魅力の№1は「人が優しく辛抱強い。」
小説「しゃぼん玉」乃南リサ に出てくる通りのストーリーが椎葉村そのものだと思うのです。

img07.png

椎葉村は雪解けの春を待つイメージがあり「がまん強く時を待つ。機が熟すまで静かに待っている。」のです。「忍耐と待つ」事が経営者として運命を切り開く最高の宝なのです。「早うせい」と教えられた私にとってとても魅力があるのです。

椎葉村の魅力の№2は「負けて勝つ」の知恵です。
平家は源氏に負けたのでしょうか?平家は源氏の子を育てたばかり頼朝、頼義に挙兵されました。源氏が成功で平家が失敗でしょうか?その後の平家はまさに椎葉村の平家伝説に語り継がれているように平家はむしろ源氏を味方につけ、戦いにもならず仲良く暮らしたという物語は私達経営者の教科書そのものです。
かつて日本が講和条約を締結した際には時の総理大臣が「日本は戦争に負けて外交に勝った!!」と言われましたが「負けて勝つ」には相手の意見をとことん聞き、最善の対策を冷静に練る事です。
海で育った私はあわてて決断を早めすぎるところがあり、平家と源氏が仲良く暮らした椎葉村に不思議な魅力を感じてしまうのです。

椎葉村の魅力の№3は「無学の老人の仕事哲学」ここにありです。
人間としての本当の幸せとは何でしょうか?「しゃぼん玉」に出てくるシゲ爺の仕事に対する哲学にあります。目の前の平凡な山の仕事にあります。「人間は、なまけ者ではダメじゃ。働いて自分の生活を整えてゆくことが一番!!」と言っているのです。
幸せとは「大学に行くこと」でもなければ「偉い政治家になること」でも無いのです。
椎葉村の人々は「人に優しく、いつも笑って過ごす。」本当の幸せを知っているからこそ、今に平家の文化を引継ぎ「平和」な暮らしを守り続けているのだと感じるのです。

img03_20170711112837fd2.jpg

質問してきたスタッフがこう言うのです。
「力ずくで三球三振でも一点! 相手に打たせて取るも一点!
私はね、相手に打たせてあげて点を取る方法を学べと言われるんです!!」
彼女から大事なことを気づかされました。人は一つとして無駄はないと思いました。

本当の成功とは何なのでしょうか?
もし旦那様に出会っていなければきっとこう考えたに違いありません。「人より多くの収入を手にし人より豊かに暮らすこと!!」勝利・成功のみを強く考える人間になっていたかもしれません。
本当の豊かさとは「お金より大事なものがある」のです。思い通りに仕事が進まなくても、焦らず努力し、良い心得を身につけ時間をかけながら続けていくという心の余裕を持つことが大切なのです。

大阪で暮して特に残念に思うことがあります。「仕事が長続きしない人があまりにも多い!」ことです。
履歴書を見ると年に一回は転職を繰り返されている人が多く見受けられます。「あれもダメ!人が悪い!職場が悪い!」そんな人は自分中心型の考えのみが先行しているのかもしれません。

自分自身が幸せに豊かに生きるために、もう一度考えてみてほしいのです。あなたが「人として何ができるか?」 「自分は何をしたいのか?」人格を高め多くを与える事ができる人間は必ず自分も与えられます。

img05_201707111128406f4.png

最後に…仕事や人生で大切なことは、もうすぐ映画化される椎葉村を舞台とした「しゃぼん玉」にあります。きっと、人から必要とされるヒントになるかもしれません。
私も失敗から多くを学び「椎葉村に生きる人々の知恵」を教科書としてきたのですから…。

2016年 新たな旅路

椎葉の心得
01 /18 2016
2016年 新たな旅路が始まりました。
次世代に引き継ぎたい想いとは!!

起業して46年間、今日まで苦難続きの航海でした。お蔭さまで、なんとかここまで辿り着くことが出来ました。
人の人生ははかなく、あっという間です。
今、私の想いは、限られた人生の中でマイホームと言う住宅産業において、人の為、世の為に命を使うことを、次世代に引き継ぐことです。
一期一会を大切にして、長い目で皆様と一生のお付き合いが出来る会社に育てたいと、気を引き締めています。まだまだ楽は出来ません。

これからも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
kaicho_senmu.gif

「一人の為に、一軒の為に、いつかきっといい日の為に」はこうして生まれました!

椎葉の心得
11 /01 2014
いつも椎葉を可愛がって頂きましてありがとうございます。
あたりが黄金色に染まる季節がやって参りました。お陰さまで椎葉は43年目の晩秋を迎えております。秋は家の創り手にとっては特にあわただしい季節であり、今年は例年にない程の受注を承っております。
さて、昨今では椎葉工務店のブランドも地域の皆さまに知られ、ふる里の椎葉村にこだまするかのごとく響き渡って参りましたが、私共の存在はただひたすら苦労してきたことの裏返しにすぎません。
今から十数年前までは街の工務店と言いますと、評価されにくく汗水流し泥まみれに働いたとしても地味で過酷、日の当たりにくい職業でした。建築は技術力であり大手の持つブランド力じゃないといくらこちらが思ったとしても、多くの人は大手の方が上と思われがちでした。創業者は田舎者で「お金のために働く」ことは大嫌いでした。
「どうせ創るのならお客様にとって価値あるものを、リーズナブルに創りたい」
「たかが街の工務店と言われたくない」
そんな気持ちが椎葉工務店の始まりでした。
しかし、いざとなるとやる気に満ちた人材が応募してくることはありませんでした。スタッフは自分のイメージと異なると、すぐ辞めていき、職人の手は荒くしかも無責任。建築業界には、お金をだまし取るなどの酷い人もいて、言葉にできないくらいの苦悩との戦いでした。
そんな中でも私と夫は、「椎葉工務店の使命とはなんだろう」「お客様のお役に立てるのは何だろう」と考えて参りました。長い歳月をかけて、椎葉にもようやく明るい陽射しが差しかけてきました。まともな考えの人材が集まり、育ってくれるようになったのです。最近になって入社したてのスタッフが、このように私に問いかけてきました。
「椎葉工務店は何のために存在するのか?」
「それはね、この街で一人の為、一軒の為、そしてお客様もあなたもいつかいい日の為に存在するのよ」と、私は答えました。

雨の日も風の日も汗と涙で歩いてきました。建築というお仕事を通じて仲間と支え合いながら、皆さまに可愛がって頂いて参りました。「仕事をさせて頂く上で最も大切なものは何?」と問われることがありましたら、どんな仕事にも共通するのは『人の持つまごころと誠実さ』そのものではないでしょうか。椎葉のスタッフはまだまだ完成ではありませんが、今日より明日へ一歩でもお客様のお役に立ちたいと思っております。どうぞ末永く、暖かく見守り頂けましたら、この上なく幸いと存じます。
この想いが今年娘婿である安井大二代表取締役へと引き継がれました。今私は来年60歳を迎えます。サラリーマンの奥さんなら、遊んで楽しいHappyLifeが待ち受けていることでしょうね。
しかし私の夢はもうしばらく続くようです。スタッフひとりひとりが建築のプロとして人さまの役に立ち、ひとりひとりの幸せを見届けるまでやめてはいけないとね!
senmu.png

椎葉工務店

椎葉かな子が、椎葉村観光大使として想いを綴ります。