FC2ブログ

『しゃぼん玉』乃南アサ(直木賞作家)を読んで

日々の事柄
03 /24 2016
img01_20170610141819b1f.jpg
img07_2017061014183892b.gif
『しゃぼん玉』皆さんはこの本を読んだことがありますか?

本の内容は、ひったくり殺人を繰り返す若い犯人が行きついた宮崎の山沿いの村で、老婆と出会い更生していくというストーリーです。
山沿いの村とは椎葉村の事です。

読み終えた頃には、もう涙が止まりませんでした。その描写が椎葉村にいてるような、椎葉村の優しい人々が目に浮かび、特に日向の警察に出頭する前夜のシーンに胸が熱くなり、この本を抱きしめては心を揺さぶられながら、旦那様と苦労を重ねてきたこれまでの人生が走馬灯のように頭をかけめぐるのです。


実は、一朝一夕にここに辿り着いたわけではありません。私達がまだ若かったころのお話です。

『一度は他人の飯を食え!!』とはいったものでしたが、私たち夫婦は他人の飯どころかあべこべで、人を雇い入れる苦労の始まりでした。
当時は私達がまだ未熟だったせいか、欠勤や文句を並べる人はまだマシな方で、『詐欺、警察のお世話になる人、社内で問題を起こす人』次から次へこういう問題に悩まされました。旦那様は不器用で騙されることも多く、私達は順風より逆風を歩いてきたように思います。

旦那様はまるでこの本の登場人物であるシゲ爺のようなセリフを言うのです。

『人っていうのは、こちらがどう使うか。良いところを見て長い目で鍛えて行く事が肝心なんや!』

椎葉村出身の旦那様は、裏切られながらも他人の悪口を言うどころか、こちらの使い方を改めてみようとする心は、これまで会った事のない風変わりな人物に思えてなりませんでした。

しかし、人は長続きしませんでした。すぐに辞めていくスタッフを目の前にしながら、「旦那様の大きな心のひとかけらさえスタッフが理解できたなら、もっと仕事が楽しくなるであろうに」と思い続けて半世紀を過ごして参りました。
私たちの人生に光が差し始めたのは、あれから何十年もたった後の事でした。

思えば私の祖父母は、いつもこんな事を言いました。『そんなことでは、まっとうな人間になれん!』と。
けっしていい大学に入れとは言いませんでした。

私はいろんな人が集まってくる大阪と言う都会で、人の厳しさを真っ向から受け、泣きながら働き続けました。

そして私は若くして、いわば『人』という『本質』とはいったい何だろう?!と考えるようになりました。

人は何のために生きているんだろう。

人として最も大切なものは何だろうか。

自問自答を繰り返して参りましたが、その答えはこの本にあります!

椎葉村の老婆はじめ、シゲ爺や村人。自然と共に生きた人々の優しい心。つまり相手を愛する心。この心こそが天の高さほどに崇高な心なのでしょう。
人は接する人によって、更生するんだということです!

この本について、もう一歩奥の深い感想を申し上げたいことがあります。
それは人間誰しも背負っている苦難に対して、あるがままに受け止め、笑顔で『生き抜く』という、すばらしいおスマ婆さんのパワーが感じるところです。

最後に、椎葉村はかつて平家と源氏が戦いにもならず仲良く暮らした村で、日本中探しても他にはないと言われていますが、この本からもその理由がよく伝わります。
もし日々を送る中で何かに悩み立ち止まっておられるとしましたら、是非『しゃぼん玉』を読んでみてください。『人に優しく、あるいはたくましく生きる』何かヒントを得ることができるかもしれません。そして、ストーリーのモデルとなった椎葉村を一度訪ねてみてください。村人の優しさにふれ、人間本来持っている優しさを取り戻したり、大自然の息遣いに都会の生活から解き放たれることでしょう。

日本一美しい村は、今、『しゃぼん玉』を通じ、日本一人が優しくなれる村ではないでしょうか?
私達枚方の椎葉工務店では、是非このストーリーの村『椎葉村に一度は行ってみたい旅!!』を企画中です。秋頃に予定しております。椎葉村は日本の三大秘境のひとつとなっております。

いつも椎葉をかわいがってくださる方、是非お気軽にお問い合わせください。楽しい旅になるよう企画中です。是非みんなで出かけましょう!!
きっと、もっともっと人に優しくなれると思います!

【現在の社内の様子】
私たちも椎葉村の方々の優しさに負けないよう『人にやさしく』をテーマに頑張っています。
2_20170610141818e56.jpg
img11.png
スポンサーサイト

イベント・セミナー企画大募集!! 椎葉村物産プレゼント!

椎葉工務店イベント
03 /15 2016
title01.jpg
椎葉工務店の企画に参加しませんか

『おもしろい!楽しい!ワクワクする企画!』『学びたい、情報提供、イベントなどの企画』をより具体的にご明記の上、ご応募ください!!

【昨年ご応募いただいた例】
椎葉村ツアー・秘境を訪ねる旅を企画

目的:①さらにお客様とスタッフの交流を深めるため
    ②椎葉村の方々、自然とふれあいたい
    ③椎葉村の星空を見てみたい

目を引くアイデア、ユーモア溢れるアイデアをお寄せください。採用となりました方には、下記の商品中ご希望の商品1つをプレゼントさせて頂きます。
※商品は揃えておりますが、ご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承下さいますようお願いいたします。

img01_2017061013224021f.gif
img02_201706101322414f9.jpg
 
【ご応募方法】  
企画アイデアの詳細、お名前、ご住所、ご連絡先を明記の上、下記のいずれかの方法でご応募ください。
 
メール:
こちらの送信フォームよりお送りください。企画アイデアの内容は、お問い合せ欄にご記入願います。⇒
 
郵 送:
〒573-1197 大阪府枚方市禁野本町1-8-8 ㈱椎葉工務店「企画大募集 係」

私の使命…人の喜びが我が喜びに  おつるちゃん、ボルビアウユニ塩湖へ

おつるちゃんの旅
03 /08 2016
1_20170610131227a65.jpg
使命とは誰かの為に命を使うこと。
私はこれまでの人生で培った心の豊かさを味方につけて、人と人をつなげたり、誰かのお役に立っていたいと、いつも思っています!!

この度、ウイニ塩湖にて日本一美しい椎葉村のお鶴ちゃんをご紹介させていただきます。

Japanese Countries SHIIBAMURA doll.

ところで椎葉村は自然豊かな日本の神々が宿る聖地です。
この美しい村が世界へ発信できることを願っています。

2_2017061013122965c.jpg

我が家に帰ってきた。
活躍したお鶴ちゃんと『その友達』.oO(お疲れ様♪)
img19.gif
帰ってきたお鶴ちゃん達~ボリビアの友達を連れて我が家の梅の木で。~

ボリビアまでほんとうに長い旅路でした。関西を出発して12時間。ロサンゼルスへ向かいロスで一泊、さらに空路を4時間かけてボリビアのラパスへ。

そこから乗り継ぎ『塩で出来た湖をひと目見たい』と空路ウユニへ。出発する3日前までキャンセルしようかほんとうに迷いました。

ボリビアの街の人々やキャビンアテンダトからは「このDollは何?」と不思議そうに根掘り葉掘り聞かれました。スカーフを巻いた女の子に人形を渡すと「これほしい!!」とねだられ、返してもらうのに大変でした。

日本人観光客からは
「椎葉さんと出会って椎葉村を初めて知りました!!」

「一度行ってみたいですね!!」
「ボリビアと同じ秘境だもんね!!」
「興味深い!!」

と言われました。

いつかきっと椎葉村も世界の人々が来るようになるといいですね♪

椎葉工務店

椎葉かな子が、椎葉村観光大使として想いを綴ります。