FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎葉村の乾しいたけをご紹介します。

椎葉村情報
05 /29 2017
椎葉村特産品の 乾しいたけです。

7_20170529111830baa.jpg

椎葉の山間で栽培されたしいたけは、一般的に販売されているものに比べて風味が豊かで肉厚。
香りもよく、とても美味しいしいたけです。

寒暖差の激しい標高の高い山の斜面で栽培されることにより、他とは違う味わいのしいたけが撮れるのです。

椎葉のしいたけを堪能できるお料理をいくつか紹介いたします。
8_20170529111831d78.jpg

低温でじっくり戻します。
戻し汁が濃厚なのには驚きました!

1_2017052911182237f.jpg
まずは、定番の「含め煮」

戻し汁にしょうゆ・酒・お砂糖を加え、高野豆腐と一緒にじっくり煮込みました。
ジューシーで肉厚!柔らかい食感がたまりません♪
高野豆腐にもしいたけの風味がしみ込んで美味!
お酒のおつまみにもピッタリです(*^_^*)

2_201705291118248ad.jpg

しいたけのパスタ。
椎葉村のしいたけが活躍するのは和食だけではありません♪
洋風の味付けとも相性バツグンです!
小ぶりのものを選んで、パスタと一緒に炒めました。

オリーブオイルを熱し、ベーコン・戻したしいたけを炒め、
火が通ったら、ゆでたパスタを加えて炒めます。
味付けは、ハーブソルト(もしくは塩コショウ)、粉チーズ。
最後にオリーブオイルをもう一度かけます。
お皿に盛ったら、粉チーズと黒こしょうをかけ、イタリアンパセリを散らして完成♪

他にも、
バター焼き、天ぷら、
細く切ってお味噌汁。
野菜炒めやチャーハンの具、などなど。。。

美味しく食べれるメニューがたくさんあります!
ぜひ皆さんご賞味ください。

お取り寄せは、椎葉観光協会HPよりお申込みいただけます。
または、弊社までご連絡ください♪
0120-330-130
*「椎葉村のしいたけについて」とお伝えください♪
スポンサーサイト

秘境といえば、、、日本一美しい、そして人情味あふれる椎葉村へ行ってきました!

おつるちゃんの旅
05 /28 2017
今、日本の観光地と呼ばれる、至るところは外国人で溢れています。
マナーの知らない人々で混雑をしているのを見ると、あたりの風景までが壊れてしまいそうにショックを受けるものです。

昨今、名所を案内する内容は、「これ何ぼ」の価値競争だけの旅に留まっているような気がいたします。
そんな時代だからこそ、日本人のふる里”椎葉村”へ、ゆったり旅をしてみませんか?

この年齢になったからこそ見えるもの、感じられるものが増え、人生を彩り豊かなものにしてくれることでしょう。

このたび弊社の企画にて、「椎葉村好き人」14名で旅しました。

初日は神話の里、高千穂へ
1_20170528165538759.jpg 2_201705281655393e7.jpg 3_20170528165540d0f.jpg
国指定重要文化財の「高千穂神楽」

4_20170528165541aff.jpg 5_20170528165543ca4.jpg
天岩戸神社

そして椎葉村へ。
観光協会の方々が迎えてくれました。
6.jpg

鶴富姫と那須大八郎が出会って恋仲になり、3年の月日がたち女の子が生まれました。
7.jpg
今も32代目の那須家が暮らしています。

椎葉村役場の方々、椎葉村観光協会の皆さん、ひえつき節保存協会会長 黒木すなおさん・民謡の方々、
お世話になりました。
8.jpg
鶴富屋敷でいただいた山菜料理はバツグンにおいしかったです!!

さて、私が愛してやまない椎葉村の魅力『ベスト3』をお伝えしたいと思います。

①かて~りの心
「かて~り」とは、地元の方言で ”助け合う”という意味。
敵と味方が仲良く暮らした村は全国どこを探しても存在しないよ!!

②秘境・大自然
山の斜面に抱かれながら生活してきた、日本の昔ながらの自然と共生の暮らし。
(柳田国男氏が紹介されています。)

③文化
御神楽の舞が何百年も引き継がれ継承されていること。
お隣の高千穂に負けはしないよ!!

ひえつき節は、人のやさしさや、少しもの悲しさもある様な日本人が好きなメロディーです。
今後は若い人向きにジャズ風にしてもいいかも♪

最後に、椎葉村へのツアーのパンフレットを見つけましたのでご紹介いたします。

9.jpg

ご興味のある方は、ぜひ参加されてはいかがでしょうか?

やっぱり旅なら秘境♪ おつるちゃん、チベット九寨溝(きゅうさいこう)へ

おつるちゃんの旅
05 /23 2017
チベットにある九寨溝(きゅうさいこう)を旅しました。
コラージュ1

黄龍
エメラルド色の輝きはすごい!!
コラージュ2

秘境である椎葉村もなんとなくチベットに似たところがあります。

コラージュ3

ひえつき節発祥の地。
次世代に向けて、お若い方が好むSONGが生まれるといいね。

椎葉工務店

椎葉かな子が、椎葉村観光大使として想いを綴ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。