FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故?今、椎葉村観光大使を引き受けたのか?

想い
08 /20 2017
私は、山を背に、目の前が黒潮踊る本州最南端の串本町で生まれ育ちました。

日本三大秘境の一つ、「平家の落人伝説」で知られる椎葉村とのご縁ができたのは、
昭和53年に椎葉村出身の夫である、現椎葉工務店会長と結婚したことでした。
夫は22歳の時に無一文で起業いたしました。
遠い昔の話になりますが、夫はよく、山奥に住む純情な人の優しさにつけ込まれ、都会に住む身勝手な人から
騙されてきました。
その度に私はお金に苦労し、子供をおんぶして夜中まで働き、幾多の苦難を乗り越えてまいりました。
七転八起の精神で、やっとここまで辿り着くことができました。

皆さま方が生きていくうえで、「何」を最も大切とされていますか?
大自然の中で育てられた人には、
日本人の多くの心の奥に眠っているに違いない、情に満ちた優しさがあります。

お金儲けの下手な夫とともに苦労の連続でしたが、山村で暮らした
「がまん強い・忍耐力・諦めない心」は今日まで歩んできた人生の糧となりました。

人生を振り返り、敵も味方もない、位も権力も意味を持たない、「静かに人生を考えてみる」
にふさわしい椎葉村を顧みずにはいられません。

今、忘れられていた故郷が立ち現われてきた感動に打たれています。
日本三大秘境である椎葉村は、現在人口3000人を切ったと聞いて、私自身慌てています。
行政の対応が「日本一美しい小さな村」にまで手の届く政治であってほしいとの願いを含めて、
任務をお引き受けさせていただきました。

最後に一言、
「山の人は粘り強い!! 負けたらあかんで!」
椎葉村で暮らす人々にエールを送り続けたいと思います。

社屋_リサイズ

私が選ぶ、椎葉村の魅力 ベスト3

①源平合戦以降、平家の落人集落は日本に多く存在しますが、
 平家と源氏が仲良く暮らした村は、椎葉村以外に存在しない!
 それはなぜ、、、?

②山合の地に、何百年も前から継続し続けてきた、神楽の文化とは?

③日本人らしい文化、「かて~りの里」とは?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

椎葉工務店

椎葉かな子が、椎葉村観光大使として想いを綴ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。